キャッシング比較

キャッシングの方法

お金を借りる方法といえば、どんな方法を思いつきますか?
以下にキャッシングできる方法を簡単に比較してみました。

 

消費者金融

やはり、お金を借りるといえば消費者金融ですよね。
消費者金融はお金を貸すことが専門ですから、そのために必要で便利な機能がたくさん備わっています。

 

その代表的なものサービスが即日融資です。
消費者金融の最大の売りは、その迅速なサービスなのですから。

 

クレジットカード

また、お金を貸すことが専門ではなくても、お金を借りることはできます。
例えば、クレジットカードの信販会社です。

 

クレジットカードは、主にショッピングローンの機能が利用されているため、知らない方もいらっしゃるかもしれませんが、キャッシングローンの機能もあるのです。

 

このサービスを利用すると、お金を借りることができます。
しかし、借りることができる金額はせいぜい10万円から20万円ほどです。

 

銀行

そして、お金を貸す専門ではない金融機関で多額の融資が可能なのが、銀行です。
銀行では、お金の貯蓄なども行うこともできますが、お金も借りることができますよね。

 

銀行のローンといえば、住宅ローンや車のローンが思い浮かぶかもしれません。
しかし、昨今では使い道が自由で手軽なカードローンもよく利用されています。

 

銀行カードローンは、よく消費者金融のキャッシングローンと比較されます。
消費者金融のキャッシングローンと比べると、銀行カードローンは金利が安いことで人気があります。

 

また、高額な利用限度額が可能であることでも注目を集めています。
それは総量規制という法律に起因しています。

 

総量規制は2006年に改定された法律です。
その目的の一つである多重債務からの保護対策として、身の丈以上の借入の強要を防ぐため、個人の借入総額に制限が加えられたのです。(個人の借入総額は年収の3分の1以内)

 

これにより、消費者金融やクレジットカードの信販会社では、事実上の利用限度額の引き上げは不可能になってしまったのです。

 

ところが、銀行法の管轄下にある銀行のローンはこの法律とは無関係なのです。
従って、仮に総量規制いっぱいの借入をすでにしていたとしても、銀行のカードローンは利用できるというわけなのです。

 

上記のような理由により、2006年以降、銀行カードローンはさらに人気を集める結果となったのです。