キャッシング比較

金融機関の比較の仕方

どうしてもお金を借りる必要な状況になることってありますよね。
そんな時、どこからお金を借りるか悩むこともあるでしょう。

 

どうせキャッシングするなら、少しでも安く済ませたいと誰もが思うはずです。
それには、金融機関を上手に選択する必要があります。そのために必要な知識の一つに、金利の比較の仕方があります。

 

上手な金利の比較の仕方

金融機関の借入情報を比較する際、必ず目にするのが

  1. 利用限度額
  2. 実質年率

です。

 

@の利用限度額については、最低利用限度額から最高利用限度額が表示されています。
しかし、限度額は個人の年収や借入状況によって定められるので、個々によって異なります。ちなみに、最高利用限度額の利用はほぼ不可能であると考えた方がよいでしょう。

 

それよりも、大事なのはAの実質年率です。
この実質年率を比較することによって、金融機関への利息の支払い度合を比べることができます。

 

ところで、この利率の見方はご存知ですか?
多くの消費者金融や銀行では、実質利率は「○%〜△%」と表示されています。
この場合、どこの数字を見て考えればよいのでしょうか。

 

まず、○%は……
最低実質年率となります。
つまり、借入総額が最高利用限度額に達した場合の金利、ということです。

 

そして△%は……
最高実質年率となります。
つまり、最低利用限度額での借入を行った場合の金利、ということになります。

 

上記でも述べたように、最高利用限度額での借入はほぼ不可能です。
ですから、金融機関の比較の際には△%にあたる最高実質年率を比較しておいた方がよいということができます。

 

では以下に実質年率の比較を実際に行ってみましょう。

 

【アコム】
実質年率:4.7%〜18.0%

 

【オリックス銀行のカードローン】
実質年率:3.0%〜17.8%

 

最低実質年率だけを見ると、カードローンの方が安く見えます。
しかし、最高実質年率はそれほど変わりはありません。

 

ちなみに、オリックス銀行の最高利用限度額は800万円です。
これほどの利用限度額でカードローンを利用する人はほぼいないでしょう。

 

一般的に、消費者金融の金利は銀行のカードローンの金利より高いと考えられています。ところがよく比べてみると、実は大差がなかったり、場合によっては消費者金融の方が金利が安いこともあるのです。