キャッシング比較

銀行のフリーローンとカードローンを比較

もしキャッシングをすることになったら、できるだけ金利の安いローンを利用したいと、誰もが思うことでしょう。

 

となれば、やはり銀行のローンは有利です。
低めの金利設定と高額の融資が可能であるからです。

 

一口に銀行のローンといっても種類は様々です。
大まかにいえば、まず以下の二つに分けることができます。

 

使用用途が指定されているもの

こちらのローンにあたるのは、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどになります。
銀行のローンのほとんどはその利用目的によって種類が異なります。また各銀行によっても提供しているローンやサービスが違います。

 

これらのローンは多額の融資を必要とするため、しばしば担保の設置が求められます。
担保が必要なローンを「有担保型ローン」、一方その設置が必要ないローンを「無担保型ローン」と呼びます。

 

担保によって、より有利な金利での借入が可能となるので、担保の設置は有効な手段の一つなのです。

 

使用用途が指定されていないもの

上記のようなローンとは違って、中には使用用途が自由なローンもあります。
それが、フリーローンとカードローンです。

 

これらのローンでは、融資してもらったお金の利用方法に指定がないので使い道は自由です。しかし、この二つのローンでは融資方法が大きく異なります。

 

フリーローンは、一括で融資が行われます。
それに対して、カードローンではATMからその都度好きな金額を引き出す形となっています。

 

上記で述べたように、銀行のローンの種類にはいろいろあります。
中でも、使用用途が指定されていないフリーローンとカードローンはよく利用されます。

 

フリーローンとカードローンを比較しよう!

フリーローン

フリーローンでは、契約後、一括で融資総額金が指定口座に振り込まれます。
後は完済に向かって返済を繰り返すのみ、というシンプルな仕組みです。
ですから、完済しやすいという特徴があります。

 

カードローン

一方、カードローンは利用限度額の範囲内であれば、何度でも融資金を引き出すことができます。また、返済する度に利用限度額が復活するため、一度限度額いっぱいまで借入をしまうと完済が難しくなるという傾向にあります。

 

ですから、カードローンを利用する際には、借入を繰り返さず、まずは完済を目指すことをお勧めします。