キャッシング比較

銀行カードローンの比較

手軽で便利な銀行カードローン。
銀行のローンと比較すると、カードローンは仕組みが少し異なります。
その仕組みは、消費者金融のキャッシングローンとよく似ています。

 

銀行のカードローンの仕組み

通常の銀行のローンといえば、住宅ローンやマイカーローンなどの使用用途に指定があるローンが思い浮かぶのではないでしょうか?

 

これらのローンは、契約が完了すると融資総額が決定され、一括振込によって融資金を受け取るのが普通です。その後は決まった返済金額を毎月返していくというシステムになっているはずです。

 

しかし、カードローンは違います。
カードローンでは、振込依頼をしなければ自分の口座にお金が振り込まれることはありません。

 

契約が完了すると、まず利用限度額というものが決定されます。
そしてローンカードが発行されます。このカードを使って、最寄りのATMから自分で金額を指定して融資金を引き出すシステムとなっています。

 

利用限度額の範囲内であれば何度でも借入はできます。
借入総額が限度額いっぱいになった場合には一旦借入ができなくなりますが、次の返済が行われれると、限度額が復活して借入ができるようになります。

 

この仕組みは一見便利に見えることでしょう。
ところが、借入を繰り返してしまい完済できにくいという傾向が強いので、要注意でもあるのです。

 

銀行のカードローンを比較しよう!

銀行のカードローンといえば、低金利で高利用限度額のローンが多いのが特徴です。
では、いくつかのカードローンを紹介しましょう。

 

【三菱東京UFJ銀行カードローン】
実質年率:4.6%〜14.6%
利用限度額:10〜500万円

 

【オリックス銀行カードローン】
実質年率:3.0%〜17.8%
利用限度額:800万円

 

【三井住友銀行カードローン】
実質年率:4.0%〜14.5%
利用限度額:10〜800万円

 

【みずほ銀行カードローン】
実質年率:4.0%〜14.0%
利用限度額:10〜1,000万円

 

【楽天銀行スーパーローン】
実質年率:4.9%〜14.5%
利用限度額:10〜500万円

 

上記にもあげてあるように、近年はネット銀行のカードローンが増加しています。
ちなみに、これらの銀行ではローンカードを発行せず、電子マネーでの取引のみを行っているところもあります。