キャッシング比較

担保について

銀行でお金を借りるとなった場合、よく担保の設定が求められます。
ところで皆さんは、この「担保」についてはご存知でしょうか?

 

「担保」って何?

「担保」とは……

 

「将来生じるかもしれない不利益にそなえ,あらかじめ補填の準備をすること,またはすでに生じた不利益についての補填をすること。前者の例は,将来の債務不履行の危険にそなえてあらかじめ履行を確保しておく,たとえば,保証人による保証,抵当権などの担保権の設定による担保などの債権の担保や,将来Aがこうむるおそれのある損害をBが負担することをA,Bで約束する損害担保契約 (たとえば身元保証契約) などである。」
(ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説から一部を掲載)

 

ということです。
つまりは、お金が返せなくなった場合の補償、ということなのです。

 

多額の融資金が動く銀行のローンでは、万が一お金の返済が不可能となった場合の補償としてこの「担保」を利用する仕組みになっているのです。

 

そして、担保には大きく二つ種類に分けることができます。
それぞれの特徴を以下に比較してみました。

 

人的担保

債務者本人に返済困難となるような事態が起こった場合に備えて、あらかじめ特定の第三者に返済の約束を取り付けておく制度のことをいいます。

 

物的担保

一般に融資が行われる場合は、こちらの物的担保の設定がほとんどです。
債務者が返済困難になった場合であっても資金を回収することができるように、債務者などの家や建物などの不動産、またはそれに相当するような 財産を担保として確保するシステムのことを指します。

 

住宅ローンの借入の際には、主に融資住宅やその敷地が担保物となることが多いです。
もし。融資住宅などが担保物件となっても、返済を続けている限りは債権者が占有することはないので自己の家として使用できます。

 

しかし、返済が滞った場合には、債権者は担保である不動産を競売するなどして、その代金を優先的に返済資金として充当することができるようになっています。

 

担保を設けることは、一見大きなリスクを伴うことは事実です。
しかし、計画通りに返済を続けることができていれば何も恐れることはありません。

 

また、担保の設定によってより金利の低い条件での借入が実現できます。
従って、お金を借りる際には有効な手段の一つでもあるのです。