キャッシング比較

銀行の融資方法

銀行からお金を借りる方法はさまざまです。

 

銀行ローンのアレコレ

例えば、住宅ローンをはじめとする住居に関するローン。
細かくは、アパートローン、リフォームローンなどもあります。
そして、車を購入するためのカーローンもよく利用されていますよね。

 

また、学歴社会の日本では子どもの学費もばかにはなりません。そのための強い見方。教育ローンも忘れてはなりません。

 

これらのローンは使い道が決められているローンシステムです。
特に最初に上げた住宅ローンは、融資額が非常に大きいのが特徴です。

 

ローンの利率やシステムは各銀行によって異なります。
従って、ローンの選択の仕方を間違ってしまうと大変な事になるので、住宅ローンの選択には十分な知識と冷静な判断が必要なのです。

 

住宅ローンの種類

住宅ローンには2種類あります。

 

銀行独自に行っている住宅ローン

銀行独自の住宅ローンは、手続きや返済計画など全てを申込者本人が自分で行わなくてはなりません。ですから、時間と手間が掛かります。しかし、誰かに手伝ってもらうわけではないため、その分の手数料などは掛からず経済的です。

 

住宅支援機構から提供されている住宅ローン

反対に住宅支援機構からの住宅ローンは、手続きなど全て銀行と提携しているハウスメーカーやリフォーム会社が代行して行ってくれくれます。従って、簡単ではありますが手数料などが上乗せになるため出費がかさむことが特徴です。

 

使い道が自由なローンの種類

その代表的なものとしては、多目的ローンとカードローンがあげられます。
多目的ローンは、別名フリーローンとも呼ばれています。

 

この二つのローンは融資金の使い道が自由なので、高価な買い物の費用に充てたり、留学の費用の足しにしたりすることも可能です。

 

しかし、この二つのローンを比較すると大きく違う点があります。
それは融資の仕方です。

 

フリーローンは、契約時に決められた融資総額が一括で指定口座に振り込まれ、それ以後追加で融資が行われたりすることはありません。

 

一方、カードローンは契約時に決められた利用限度額の範囲内であれば、何度でも最寄りのATMから融資金を引き出すことができる仕組みとなっています。また、限度額いっぱいまで借入を行っても、次に返済を行えば限度額が復活する仕組みになっています。