キャッシング比較

専業主婦のキャッシング方法

以前の消費者金融は「サラ金」などといわれていたほど、その利用者の多くはサラリーマンでした。しかし、近年の消費者金融は違います。

 

日本には、現在星の数ほどの消費者金融があるといわれています。
日本人の7人に1人は消費者金融を利用している、またはその利用経験者なのです。

 

これほど、多くの人から利用されている消費者金融では、学生から主婦まで幅広く人気があります。

 

専業主婦はキャッシングできない?!

ところが、2006年から開始している総量規制によって状況が変わってきました。
この規制においては「個人の借入総額は年収の3分の1以内に収めなければならない」と定められています。

 

つまり……
年収がゼロの専業主婦(主夫)=借入総額がゼロ
ということになってしまいます。

 

従って、消費者金融やクレジットカードなどを通してのキャッシングの申込は不可能となってしまったのです。

 

しかし、お金が必要なのは外で働いている者ばかりではありません。

 

専業主婦だって、家でしっかり働いているのです。実質、家計のやりくりをしているのは専業主婦(主夫)の皆さんです。彼らこそお金が必要になり、苦しむことが多々あるはずです。そんなピンチの時にお金を借りることができないなんて、これほど酷なことはことはありません。

 

では、専業主婦の方々がお金を借りる方法はないのでしょうか?

 

いいえ、あります。

 

専業主婦でもキャッシングできる方法とは?!

専業主婦(主夫)の方でも申込が可能なローンがあるのです。

 

それは……
銀行のカードローンです。

 

銀行のカードローンは消費者金融のキャッシングシステム比較するとと同じようなシステムになっていて、最寄りのATMから自由に融資金を引き出すことができるようになっています。

 

しかも、銀行のローンの中では珍しく、融資金の使い道は自由です。
また、銀行の低金利でのローン利用が可能です。

 

銀行のカードローンは総量規制の管轄外となるので、法律上、専業主婦(主夫)の方に対する利用制限はありません。

 

なぜなら、総量規制は貸金業法に付随している法律であるため、銀行法の管轄下にある銀行のローンは全て対象から外れているからなのです。

 

ちなみに、専業主婦の方の理由に関しては各銀行で申込条件などがありますので、よくご確認の上ご利用下さい。